Silver Bullet

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Silver Bullet

Heartを撃ち抜きたい

#48 考察&まとめ

<第48巻>

・神社鳥居ビックリ暗号(アニメ第411~412話)

・仏滅に出る悪霊[事件編/疑惑編/解決編](アニメ第415~417話)

・ブラックインパクト!組織の手が届く瞬間(アニメ第425話)

 

 

ブラックインパクト!組織の手が届く瞬間

[重要度]★★★★★

 

 

<重要シーン・会話>

 

■小五郎「バカな、大の大人がこんなところに隠れられるわけが・・・」

 

 

■水無「昔わたしにもあれくらいの弟がいたから」

 

 

■灰原「でも腑に落ちないわね。そのアナウンサーが毛利探偵に依頼してきたなんて。ピンポンダッシュの犯人探しだったんでしょ。しかも犯人は子ども」

 

 

キール「私たちの功績は日の目をみることはないけど、失敗はすぐに知れ渡ってしまうんだから」

■ジン「フンッ、成功しても失敗しても世間に知れ渡ることはない。それが組織のやり方だ」

 

 

ベルモット「それにしても場所がエディPだなんて、まさに狩場にうってつけってところかしら」

ウオッカ「(マスオさん風に)ええ!?どういう意味ですかい?」

ベルモット「少しは向こうの勉強もすることね、ウオッカ

 

 

■ジョディ「私たちFBIも彼女に目をつけていたのよ。ベルモットがドクター新出に成りすました直後から頻繁にあの病院に通っていた、あの水無怜奈っていうアナウンサーをね」

 

 

■ジョディ「一人目は、帝都大学薬学部の教授で数々の新薬を研究開発してきた常盤栄作」

 

 

■コナン「え、いや、おめえ変わったなと思ってよ。だって前まではやつらが絡むと「やめなさい」~」

■灰原「当たり前でしょ。今回はあなたが不用意に仕掛けた発信機と盗聴器が彼らの仲間の靴の裏に付着してしまっているのよ。あれが見つかれば~私たちにも火の粉が飛んでくるんだから。それに・・・それに私・・・」

 

 

■コルン「おれも、ベルモット、嫌い。カルバドス、あいつに惚れてた。あいつ、それ利用した。だから嫌い」

■キャンティ「ええ、本当なら等の昔に殺ってるところさ。あの女があの方のお気に入りじゃなきゃね」

 

 

キール「本当にありがとう」

 

 

■ジェームズ「どうも恋人をなくしてからの彼は心を閉ざす傾向にあるようだ。それ以前も開いていたわけではないがね」

 

 

ベルモット「ねえ、キール。あなたまさか・・・(コンッコンッ)これじゃないでしょうね」

 

 

■小五郎「いいんじゃねえか?本当に人が死ぬわけじゃあるまいし、その辛い気持ちがプレイヤーにちったあ伝われば意味もある。ま、殺人なんてゲームやドラマの中だけに留めてほしいもんだ。 本当に人をなくした悲しみはゲームやドラマどころじゃねえからな」

 

 

■ジン「お前の背広に風穴があく前に聞きたいことがある。お前とシェリーの関係だ。お前が仕掛けた発信機と盗聴器、前にあの女に仕掛けられたものによく似ている。偶然とは言わせねえぜ」

 

 

ベルモット「どうやら彼は無関係のようね」

■ジン「殺れ、ガキもろとも」

ウオッカ「疑わしきは罰せよってやつですねアニキ」

ベルモット「待ってよ。まだ確証もないのに警察と関わりの深い彼をやったりしたら・・・」

■ジン「くどいぞベルモット。お前あの探偵と何かあるのか?」

ベルモット「あら、あったらどうなの?」

 

 

■赤井:(やっと会えたな、愛しい愛しい宿敵恋人さん)

 

 

■ジン「おれはまだ毛利小五郎を完全な白だとは思ってねえしな」

 

 

<考察>

・組織の新メンバーキャンティ、コルン、キールが登場。

ベルモットがおそらくキールのことをスパイでないかと疑ったり、灰原が不思議に思ったようにキールには不可解な点が多い。小五郎を家に上げるのもおかしいし、依頼内容も拍子抜け。土門暗殺をためらってるようにもみえたし、コナンへのありがとうは心からのようにもみえた。まあFBIに捕らえられたのできつく尋問を受けるだろうから、そこで進展があるだろう。

・灰原さんは気分屋なのか。証人保護プログラム断ってまで逃げないと決意したのに、開けてはならないパンドラの箱だといって組織を追おうとしないしコナンたちにもさせない。かと思えば、また逃げたくないと組織を追うのに積極的に・・・

・キャンティやコルンはカルバドスを利用したベルモットを憎んでいるようだ。ベルモットがあの方のお気に入りだから殺すのを踏みとどまっているようだが、ジンは何度もベルモットに銃口を突き付けている。ここからボスに対するものの差が感じられる。

・ジンはピスコのときに仕掛けれた盗聴器類と似ているといった。しかしジンらは同じをそれ以外のときにも付けられていた。そう、板倉の回のとき。あのときのジンは不可解な点が多かった。もしあのジンがベルモットだとしたら・・・おもしろい。まあシェリーとの関係を聞いているため板倉のときのことは引き合いに出す必要がないと思ったのかもしれないが。

・小五郎ってたまにいいこと言うから憎めないんだよなー。

・赤井の恋人がジンだと分かる。宿敵という意味での恋人のようだ。ただジェームズが「恋人をなくして~」と言っているので、本当の恋人が他にいるのかもしれない。

ベルモットはイギリス歴史に詳しいようだが、生まれがイギリスだったりするのか。

ベルモットが小五郎を庇ったのはエンジェルの親だからだろうか。それともコナンだけ庇うのは無理があったからか。ジンをうまく誤魔化す理由なさそうだし。