Silver Bullet

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Silver Bullet

Heartを撃ち抜きたい

#19 考察&まとめ

<第19巻>

黒の組織から来た女 大学教授殺人事件[2](アニメ第129話)

・ミステリー作家失踪事件(アニメ第116~117話)

・浪速の連続殺人事件(アニメ第118話)

・競技場無差別脅迫事件(アニメ第130~131話)

 

#競技場無差別脅迫事件:重要度★★★★★

 

<登場人物>

 

 

<重要シーン・会話>

 

■灰原「工藤くん、あなたは夢にも思ってないでしょうね。あなたはすでにわれわれ組織が半世紀前から進めていた秘密プロジェクトに深く関わってしまってるなんて」

 

 

■コナン「あのさ・・・ひとつ聞いていいか?おめえほんとは何歳だ?」

■灰原「84歳。嘘。ほんとは・・・」

 

 

■灰原「焦っちゃダメ。時の流れに人は逆らえないもの。それを無理やりねじ曲げようとすれば・・・人は罰を受ける」

 

 

■灰原「ほんとはあなたとお似合いの18歳よ。なんてね」

 

 

<考察>

・灰原の発言から組織は少なくとも50年前から存在していたことがわかる。また、新一が深く関わっているということはAPTX4869を作っている本当の目的は殺人ではなくほかにある可能性が高い。幼児化に関係するとしたら若返りか、若返りを繰り返して不老不死を目的にしているとか。ただ灰原はあくまで秘密プロジェクトと言っているので、この考察は組織の目的とAPTX4869の目的が合致している場合のもの。実際ジンはAPTX4869を完全犯罪の代物としか思ってなかったようなので組織の目的とAPTX4869の目的は別物かもしれない。どこに向かっているのか分からない、方向性が不透明な組織に所属し続ける人はそういない。行くあてがなかったり脅されているなら別だが。ジンもウオッカもそんな様子はなく組織の仕事を全うしている。ジンとウオッカは孤児でボスに拾われ慕うようになったとかいう話があったら納得できるが。まあそんな描写はないので、組織の目的≠APTX4869の目的であるか、組織のゴールがAPTX4869の完成に付随的なもの(組織の目的≒APTX4869の目的)か、あるいは組織員たちには表向き上、例えば金儲けや世界征服と言っておいて、本当は不老不死が目的とか。不老不死の薬が大量に出回ると世界が混乱し自分たちの悪事がバレかねないから真意はトップ層に留めていたと考えればあり得なくもない。そうなると灰原はボスの側近になる。もちろん上記の3つの選択肢以外の可能性もある。

・「時の流れに人は逆らえないもの。それを無理やりねじ曲げようとすれば・・・人は罰を受ける」時の流れに逆らうというのは、ドラゴンボールでいうトランクスがタイムマシーンで過去へ戻ってきて悟空を心臓病から救い、悟飯たちの悲劇を回避し、パワーアップして未来に戻り人造人間とセルを倒したタイムパラドックス的なことや、灰原やコナンに起こっている幼児化のことをいうと思う。これはドラゴンボールではないしタイムパラドックスは起きていないので幼児化のことを指し示しているだろう。ただ、人の価値観にもよるが本来永遠の若さや若返りは誰もが羨むもの。それを灰原は罰と言っているのだろうか。罰でなく罪ならキリスト教の原罪のように説はつくのだが。罰となると・・・

・灰原は「ほんとはあなたとお似合いの18歳よ。なんてね」と言っている。なんてね、というのは実際は18歳ではないという意味なのか、お似合いという言葉に対しての照れ隠しなのか。半世紀以上前から組織があったことから、灰原がもし84歳なら当時は30代半ば。研究者としては違和感がない。しかし研究を引き継いでいると考えれば別に発足時から存在している必要はないため、アイドルが体重を聞かれたときに「リンゴ3個分」と答えるようなものだろう。よっていまのところ彼女の実年齢は18歳と考えていいだろう。ここまで灰原の年齢を真面目に考えてしまったが、よく考えると灰原には姉の明美(おそらく20代。明確に分かるシーンがあったらごめんなさい)がおり、その明美はコナンと面識があり幼児化する前の灰原と顔を合わせているので、もし灰原が84歳なら複数回幼児化・若返りしたことになってしまうし、姉と妹の立場が逆転してしまう(笑)もしくは明美も若返ったことに(笑)だから灰原の実年齢は90%以上の確率で18歳とみていいだろう。